ペコロスの母に会いに行く

001認知症の母・みつえと バツイチ・ハゲちゃびんの僕(ペコロス)  愛おしくてホロリ切ない 僕らの毎日

原作は、長崎在住の漫画家・岡野雄一のエッセイ漫画『ペコロスの母に会いに行く』。 深刻な社会問題として語  られがちな介護や認知症。 でも、主人公のゆういちはこう言います。

 “ボケるとも、悪か事ばかりじゃなかかもしれん”。

そんな自身の体験をもとに描かれた認知症の母との何気ない日常が、多くの共感と感動を呼び、現在16万部を 超えるベストセラーに。 そして、ここにまったく新しい介護喜劇映画が誕生しました!

監督は『喜劇・女は度胸』『男はつらいよ フーテンの寅』など卓絶した人情喜劇で映画ファンを唸らせてきた森﨑東。『ニワトリはハダシだ』以来、実に9年ぶりの最新作に益々盛んな映画への情熱をぶつけます。   ←画像から映画の公式ページにとびます。

 

ときにペーソスを湛えながら、ユーモアたっぷりに主人公ゆういちを演じるのは岩松了。もうひとりの主人公みつえ役に赤木春恵。89歳にして映画初主演となる本作で実母の介護経験を活かした迫真の演技を披露。若き日のみつえに原田貴和子、夫のさとるに森﨑監督の薫陶を受けた加瀬亮。さらに、原田知世竹中直人宇崎竜童温水洋一など豪華キャストが集結!!

ビスタサイズ/113分/(C)2013年「ペコロスの母に会いに行く」製作委員会

 

 

LINEで送る

Go to Top